ugo Tech Blog

ugoの日々の開発・生産について

ugoの "ものづくり"

はじめまして、出口です。
今回は、弊社の”ものづくり”を紹介します。

私たちは、多くのスタートアップがファブレスを選択する中で、あえてファブライトな自社生産を実施しております。

ugoの外装の一部も自社の3Dプリンターを駆使して作っているんですよ!

まず、ファブレスの代表的なメリットとして、

  • 自社で生産に関する初期投資、設備のメンテナンスコストを持つ必要がなくなる。
  • 開発、BizDevなどのコア技術に資源を集中できる。
  • ファウンドリとしてのスケールメリットを利用し、製品コストを下げることが期待できる。

などが挙げられます。

通常は、ハードウェア製品の企画まではスタートアップが担当し、量産設計以降はEMSを提供する外部工場に製造委託します。そして、スタートアップはハードウェアと連携するソフトウェアやサービスを構築することに集中します。

ではなぜスタートアップがわざわざ面倒な自社生産を実施しているか、疑問をお持ちの方も多いかと思います。ugoでは2つの意図から自社生産を実施しております。

続きを読む

アバターロボットのコンセプトデザイン

こんにちは、松井です。

今回は、ugoが今のコンセプトや製品デザインに辿り着くまでに、どのような過程を経ていったかについてご紹介したいと思います。

f:id:ugo_robot:20220214014258j:plain

そもそも、なぜアバターロボットを作ろうと思ったのか、そこからお話させてください。

きっかけ①:IoTの先

みなさん、"IoT"というキーワードはご存知でしょうか? "Internet of Things(モノのインターネット)"の略称で、身の回りにある様々なモノがネットワークにつながって便利に操作できるようになったり、状態を把握できたり、モノ同士を連携させたりすることができます。更にはスマート化とも言われているような、ビッグデータやAIとの組合せにより最適化や自律化へと発展していきます。

据置のモノがどんどんネットワークにつながって使えるようになると、モノとモノとの間を物理的に取り持つ役割が必要になってきます。ネットワーク化されたモノがある空間で人が常駐してそれらを橋渡ししていては本末転倒ですね。その役割に応えられる可能性があるのがモノとモノをつなぐロボットなのではないかと考えるようになりました。

アバターロボットの可能性

2010年代のロボットには、PepperのようなAIで対話ができる人型ロボットや、Double2のようなテレプレゼンスロボットやアバター(分身)ロボットが既に存在していましたが、その多くはコミュニケーション用途でした。

IoTの概念では、モノや空間が、最適化・自律化していく中で、物理的な作用もできるアバターロボットという人の分身としての存在が入ることで、相互補完的なバランスの取れた構成が実現できることになります。

きっかけ②:中国・深センと日本の状況

2010年代はMAKERムーブメントによって「ものづくり」は新しい時代に突入していました。多くの電子機器が中国で製造されるようになってから、ものづくりのノウハウやサプライチェーンは産業の成長と共にその地に根付いていきました。その中でも「紅いシリコンバレー」と呼ばれる深センは、若くて優秀な人材が集まり、工場だけでなく多くのIT企業も集まり、急速に成長しています。(私自身もハードウェアの量産で何度も深センを訪れて肌身で感じました。)

一方で、かつてものづくり大国と言われた日本は、ものづくりの技術は海外へ流出し続け、スペックアップの製品作りばかりしていたことで海外の製品とコスト競争になったり、海外の革新的な製品に負けてしまうような状況になりつつあります。更には、2008年以降人口減少し続けており、若い働き手も不足し超高齢化社会を迎えようとしています。

そういった背景の中、日本の社会課題を解決する、新しいタイプのアバターロボットを開発しようと、2018年に起業しました。

続きを読む

Tech Blog、はじめました

f:id:ugo_robot:20220205192547j:plain

こんにちは、ugoの松井です。

私達が、「人 ✕ ロボ」「遠隔 ✕ 自動」の"融合"というコンセプトでロボットの開発をスタートしたのは、2018年。ロボットを、固定的な設備としてではなく、スマートフォンやアプリと同様に人の能力を拡張する道具として社会実装を進めてきました。

当時は、3ヶ月毎にスクラップ・アンド・ビルドと実証実験を繰り返すイテレーティブ開発で、毎年モデルチェンジを行ってきました。

f:id:ugo_robot:20220205162618p:plain

PMFを達成し1つの"かたち"が決まったところで、ugoのコア要素は何なのかを模索するため「引き算のデザイン」をしました。こうして出てきたラインナップがugo Standやugo Exでした。

f:id:ugo_robot:20220205193612j:plain

ラインナップが揃ったところで、ugoでは、部品製造の一部は自社製造に残しつつその他の部品を外部パートナー工場に委託、集結した部品を自社工場で最終アセンブルする、ハードウェア・スタートアップとしては珍しい「ファブライト」でロボットを量産しています。2021年後半から量産をスタートし、事業成長と共に着々と生産台数を増やしています。

f:id:ugo_robot:20220205194033j:plain

f:id:ugo_robot:20220205194037j:plain

f:id:ugo_robot:20220205194040j:plain

f:id:ugo_robot:20220205194043j:plain

ugoにおける

「変化/進化できるものづくり」
「アップデートし続けるロボットサービス」

とは何なのか。

RaaS*1という仕組みづくりを通して、ビジネスモデル、開発プロセスアーキテクチャ、量産化プロセス、サプライチェーン、生産、メンテナンス、カスタマーサクセスなどなど...、本当に様々な面で試行錯誤を重ねてきました。

このTech Blogでは、私達が取り組んできた様々な技術やアプローチについて、紹介していきたいと思います。今後をお楽しみに!

 

一緒にugoを作りませんか!?
仲間を絶賛募集中です。詳しくはこちら👇まで。

herp.careers

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:Robot as a Service:ロボット製品を売切モデルではなくサービスとして提供すること